WEB講座「教えて在宅ホスピス」

第11回 末期がん患者さんが最期まで自宅で過ごせない理由

2013-02-21

 第1回の講座でもお話ししましたが、日本人の多くは自分が終末期になったら本当は家で過ごしたいという希望があるが現実的にはそれは難しいだろうと考えているようです。それでは、どんな理由で自宅で過ごすことは難しいと考えているのでしょうか。この問いに対してのアンケートはありませんが、私が講演会などで聴衆の方に聞いてみたことなどから以下に推測してみました。

①家族に肉体的・精神的に負担をかけるのではないか?
 何といってもこの答えが一番多いようです。確かに患者さんが入院していれば、患者さんに対するケアはすべて医療者(主に看護師)がやってくれます。患者さんが家にいるとそういったケアも基本的にはご家族が行わなければなりません。また、常に患者さんの様子を見ていますので精神的にもストレスになることもあると思います。しかし、次回にお話ししますが、多くの末期がん患者さんは、実は亡くなる数日前まである程度ご自身のことができている方が多いのです。つまり、一般的には長い期間大変なケアが継続するということは多くはありません。
 そして、多くのケアをしているご家族がおっしゃることは肉体的にも自宅で看ている方が意外と楽だということです。ご家族が入院先の病院まで毎日通うのも結構大変ですが、そもそも病院という場所は患者さんのために作られているのであって、ご家族がゆっくり過ごす環境がありません。最近作られた病院では、病棟毎にきれいなデイルームが整備されているようですが、それでも、ご家族がいつでものんびり横になることができるような場所はありません。そして、周りの目も常に気にしなければなりません。
 また、ご家族が病院から家に戻ってくると、「今頃どうしているだろうか。」「つらい時に遠慮せずにナースコールを押しているだろうか。」などと患者さんのことが気にかかります。しかし、患者さんがお家にいると、常に一緒ですのでそういった不安がありません。周りを気にする必要もありません。
 このように、患者さんがお家にいることはご家族にとって、肉体的にも精神的にも意外と楽であるということも言えるのです。

②家族に経済的な負担をかけるのではないか
 在宅緩和ケア(在宅ホスピス)は基本的に医療保険制度の中で提供されますので、病院の医療よりお金がかかるということはありません。(在宅緩和ケア(在宅ホスピス)の医療費のことは本講座の後の方で詳しく述べます)ただ、ベッドのレンタルとか訪問入浴といった介護保険で提供されるサービスや訪問診療、訪問看護の時に発生する交通費は別途負担になります。でも、金額としてはそれほど高くはありません。逆に、入院の際に発生する個室料の差額など病院において余計にかかる費用も少なくありません。
 と言う訳で、在宅の方が入院よりお金がかかるということは一般的にはありません。

③患者に何か起こっても、すぐに対応してもらえないのではないか?
 このように思っておられる方も多いようです。入院しているとナースコールを押すと看護師がすぐに来てくれる(実際はすぐに来れないことも多いのですが)。という安心感は少なくないかもしれません。しかし、実際に待ったなしで対応しなければならないようなことが起こることは多くはありません。そして、在宅の場合には何か起こったら24時間いつでも電話していただいて良いことになっており、当番の看護師が対応いたします。そして、必要があれば臨時訪問も行います。また、予測されるようなことに関しては、とりあえずご家族で対応できるようなこともあらかじめ準備しておきます。
 しかし、大切なことはこういった緊急事態が起こらないように日頃のケアを行ってゆくことです。それを私たちは「先取りのケア」と言っています。

④自宅では十分な医療を受けられないのではないか?
 自宅は基本的に医療を提供する場所ではありませんので、本格的ながんに対する治療とか検査は病院でしていただきます。しかし、つらさを取るための症状緩和については病院と同じ医療が提供できます。高カロリー輸液や経腸栄養をすることも可能です。また、簡単な超音波検査や採血は在宅でも可能です。
 つまり、自宅で過ごすために必要な医療は受けられると考えていただいて良いと思います。

⑤入院を希望してもすぐに対応してもらえないのではないか?
 在宅緩和ケア(在宅ホスピス)を提供している患者さんに対しては必要なときに入院する病院を必ず確保しておきます。私たちのクリニックの場合には関連病院である札幌南青洲病院にいつでも入院できることをお約束しております。

 以上、末期がん患者さんが在宅で過ごす上で不安材料になると思われることを挙げてみました。それぞれに対応できますので是非、安心して在宅緩和ケアを受けて頂きたいと思います。

院長 前野 宏

コメント11件

  • 山下春美 | 2015.03.09 15:41

    突然で申し訳ないのですが私も今家族ではないのですが知人の人を見ています、去年の6月に胃癌のステージ4余命3ヵ月と診断され直ぐに手術しましたすでに腎臓、腸に転移していて胃だけ摘出しました本人のたっての希望で2週間位で退院しましたそれから1ヵ月位で合併症で再入院、それから約2ヵ月位なんとか頑張って居ましたが腸閉塞をお越して病院にその日に入院して治療したのですが改善されず此のまま良くならないなら帰りたい家で最後を迎えたいと先生の反対を押しきり退院本人の希望で介護も頼まず自分でオムツの、取り替え食事全てやっています
    勿論身の回りの世話は私がしてあげています朝、昼、夕方30分位しか見てあげられません家族が無いから一人で本人は地獄の苦しみでは無いかと思います、見ている私も大変辛く悲しいです、でも大丈夫だから帰って又明日お願いと言って分かれます、在宅医療は此のままでいいのか何故楽に向かえが来ないのか今つくづく思い苦しむ毎日です。本人の意志とは言え何か良い知恵はと思う毎日です。

  • H.S | 2015.07.17 19:51

    こんにちは。
    私も末期がんの夫の世話を自宅でしております。
    まだ全てを拝見しておりませんが、参考になりそうなサイトだなと感じます。このようなものを作っていただいてありがとうございます。

    上記の山下さんのコメントがとても他人事とは思えず、今頃どうしてらっしゃるのかと案じています。
    どうか、ご本人も山下さんも少しでも楽に毎日を過ごせますよう、お祈りしております。
    私もこれからのことを考えると不安しかないです。まだ希望も捨てていませんが、連日苦しそうな夫の傍にいるのが辛いです。
    お互いもう一人でも看病を分かち合える人がいると全然違いますよね・・・

  • 埼玉のカエル | 2015.10.20 23:24

    こんばんは。
    去年(2014年)暮れに父親を肺腺癌で亡くしました。
    一昨年(2013年)の夏に健康診断から癌がわかり、
    すでにリンパ節転移のステージ3b~4でした。
    治療は最初は入院で抗がん剤治療、
    その後は通院で抗がん剤治療を行っていました。
    確かに自宅で最期を迎えるのは理想かもしれませんが・・・
    上記に書いた通院での治療「3時間待ちの3分診療」
    程ではないが、予約でも最低でも2時間以上は待たされる。
    しかも病院まで1時間かかる・・・
    在宅看護を行っていても、結局は病院に行かなくてはいけない。
    末期に近い患者にとっては苦行としか言えません。
    しかも入院中に片肺になったので「もし自宅だったら・・・」
    と思うとぞっとします。
    結局は自宅療養中に心拍数?が乱れ救急車で病院に入院。
    本人も「自宅には帰りたくない!!」と言っていました。
    在宅では母親一人で介護しなくてはならないし、
    自分も仕事が有るのでなかなか介護は難しいです。
    残念ながら「親の介護」で休めるような会社
    この国には珍しいほうが現状です。
    私も父親が入院中は会社から病院に泊まってまた出社してました。
    理想は自宅で看取るのが一番だと思いますが、
    社会構造や医療体制を変えない限り無理だと思います。
    乱文ですみませんでした。

  • みちこ | 2015.11.23 12:28

    今から始まる自宅介護のこと、何もわからない中でどなたでもよいのでアドバイス、お願いします。不安だらけです。

  • はぁちゃん | 2015.12.08 0:31

    9月に父を自宅で看とりました。
    3月に食道がんが見つかりまして、ステージ等の話はなく、根治の治療ではなく緩和治療だと言われ入院。放射線で食道がんはほぼ消えましたがリンパと肺の転移により抗がん剤の治療を2回ほど受けましたが、肝硬変により以降の抗がん剤治療も難しくなりました。二週間に1回行く病院での診察では薬をもらうだけで聴診器さえ使ってもらえず、通う意味がわからなかったです。死ぬとは思ってなかった父本人も病院への不信感があり自宅療法に切り替えました。嫁にいった私は実家近所に住んでいたので朝晩通えます。仕事が休みの日は私。それ以外は会社員の母が休みをとり付き添いました。一人では介護も無理です。終末期は痰もからみ氷を口に含む程度。筋肉はなくなり立ち上がるのもやっとなはずですが、頭はしっかりしているのでおむつではなくトイレで用を足したいみたいで介助が必要。でも、少し動くだけで酸素不足により呼吸があらくなりました。目が離せません。
    でも、家族が大変だったのはたった二週間だけです。
    まさに死ぬ間際。振り替えれば病院に通う事や泊まり込みに比べたら自宅は本人や介護する側にとっても安心できます。
    そして、看とった後も満足感があります。

  • 八王子のばあば | 2016.02.15 19:24

    同居人…余命あと1ヶ月ありません。膵臓がん…肝臓転移、骨転移。
    吐き気が出てきたので、要注意。思うように体も動かせない。
    どうして私達にこんな試練が!!
    悔やみきれない。
    在宅看護…知らなかった…
    明日…相談してみよう。

  • しいなママ | 2016.05.11 5:28

    末期の胃ガンで余命3ヶ月です。
    すでにあちこち転移しているため、手術は無理。
    通院で抗がん剤治療をしています。

    9才の娘と一緒にいたいので、このまま入院せず治療
    を続けたいと思っていましたが、母には大変なストレスなようで、お互いイライラして毎日口喧嘩ばかりです。

    このまま最後まで家にいたかったけど、無理なのかな?

  • おすすめします | 2016.10.10 9:22

    8月に父が亡くなりました。
    3月に入院した時には5月の誕生日は迎えられないといわれました。先生に在宅で看取ることもできますと紹介されて、4月に退院しました。自宅に帰った父は本当に喜んで退院した時点ではもうダメかなと思うような状態でしたが奇跡的に8月まで生きました。
    6月位には元気になって好きなもの食べて外へ散歩もできるようでした。
    母はもしかしてお正月迎えられるかもと言っていましたがそれはちょっと無理でした。
    末期の肺がんだったのですが苦しむこともなく最期を迎えました。
    途中大変なこともありますが事情が許すなら在宅医療をお勧めします。

  • ひめのはは | 2016.11.18 23:14

    父が今年の春頃から脚が痛い、腰が痛いと訴えてました。炎症反応、肺気腫、アルツ発症、腎機能低下からいきなり慢性腎不全、などなど、ここ数年は医療機関には総合病院にふた月に一度、毎月脳神経内科、最近では総合内科の訪問医療もここ1年受けていました。薬も山ほど飲んでいいました。が、秋になり、脚の痛みが尋常でないので、整形や鍼灸院など右往左往。食事もとれない数日があり、10月21日に介護軽減入院した病院でCTをとったところ腸腰筋由来の肉腫と判明、しかも縦18センチ直径約12センチ以上の巨大な腫瘍。肺にも転移しており、大きな血管を巻き込んでおり、腎不全もあり、オペも難しい状況。打つ手がない。すぐさま退院し、在宅ターミナルの医療機関に相談しました。「年は越せないでしょう」と言われつつ、今までの在宅医療の総合内科の医師と緩和ケア専門の医師との譲り合いというか、どちらの医師も腫瘍発覚から一度しか往診しないのに投薬指示のみという中途半端な在宅ターミナルに不安を抱いていました。そして、11月16日父は吐血下血で現在入院。ロキソニンの投与のしすぎで、十二指腸に潰瘍ができ、血管もむき出しになっていた様子。現在、入院中。在宅ターミナルの方向は変わりませんが、あまりにお粗末な在宅専門医に不安は募るばかりです。

  • ゆう | 2016.11.27 16:21

    私の母64歳、4年前に乳がんで乳房全摘し2年前に骨転移。10日前に吐き気、食欲不振で再入院の際に癌性脳髄膜炎と診断され余命1カ月。
    予想もしなかった診断に父は以来、胃潰瘍になり私は不眠と不安と疲労で疲れました。しかし、なるべく母の側にいてあげたい。最後くらいに親孝行をしたいです。在宅緩和ケアは、あくまでも都市部では可能かもしれないが地方で、専門医の少ない地方では困難だと思います。病院まで高速道路を走って1時間以上掛かりますから…。
    最後、私は転職したばかりの会社を辞めてでも母に付き添いたいと思う。会社を辞めるしかないと考えています。もちろん、母には内緒ですが。

  • 自宅警備員 | 2016.12.06 20:38

    84歳の母は、胆嚢炎による全摘、胃癌により胃を3分の2切除、膵臓癌により胃の残り3分の1切除・脾臓全摘と膵臓3分の2切除を経験し、5年経過したので良かったねと言っていた今年1月、膵臓に影が見つかり、PET-CTにより膵頭部に出来た癌であることが分かりました。
    既に、開腹手術は不可能と言われて余命6カ月を宣告されました。
    しかし、母は抗がん剤治療を希望し、TS-1の服薬やジェムザール(ゲムシタピン)の点滴投与などをしたものの、体への負担が大きいだけでなく、血液検査で効果が全くなかったことが明らかになり治療を中止しました。
    以後、ターミナルケアとして生理食塩水の点滴、CVポート設置を行いフルカリック3号の点滴投与をするものの体調は徐々に悪化。
    7月半ばから8月半ばにかけて入院して体調を整え、その後は訪問看護によるケアを受けていたものの、10月1日訪問看護師により救急車での病院搬送指示があり、以後病院生活。
    1度、外出で自宅へ一時帰宅したのが自宅での最後の生活でした。
    11月初めには、10Lの酸素吸入を行うもののサチュレーションが90代前半を維持するのが限界になり、徐々に悪化して12月1日永眠しました。
    最後の2週間は、家族交替で24H付き添いを行い、最後の瞬間は家族全員でのお別れを出来たことは良かったと思います。
    これから膵臓癌のターミナルケアを迎える家族の方は、何度も力尽きそうになるかもしれませんが、どうか悔いなきよう精一杯のお見送りをされることをお薦めします。
    我が家は、やればもっとできたのかもしれないが、あの時の自分たちに出来ることは全部やったよねと、残った家族で納得しています。

コメントを書く





コメント内容


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

〒003-0027
北海道札幌市白石区 本通5丁目北1-1
TEL:011-867-6770
FAX:011-867-6771
ソーシャルワーカーが
応じます。
お気軽にご相談ください。

最新コメント