WEB講座「教えて在宅ホスピス」

第28回 スピリチュアルペイン(こんな状態で生きていたくない)について

2014-04-03

1.スピリチュアルペインとはどのような苦痛なのですか?

 終末期の患者さんの苦痛(全人的苦痛)の中で最も根源的な苦痛はスピリチュアルペインです。これは生きる意味や価値を見失うことによる苦痛だからです。
 例えば、再発したがんが進行し、排泄も家族の世話にならなければならなくなった女性は、「こんなに家族に迷惑がかかるのなら早く死んでしまった方がいい。」とおっしゃいました。また、ゴルフをこよなく愛していた男性は「ゴルフができないなら生きている楽しみがない。」とおっしゃった患者さんもいました。
 スピリチュアルペインは残された時間が限られることから来るもの、自分でできていたことができなくなることによるもの、家族との関係など人間関係が失われることから来るものがあるといわれています。これらの苦痛はひとによってはとても大きく深くなることがあり、まれにあまりのつらさに自らの命を絶ってしまうという悲劇をもたらすこともあります。

2.スピリチュアルペインがあるかないかどうしたら分かるのですか?

 スピリチュアルペインは人間存在の根源的な苦痛ですから、患者さんが言葉に出して表出することは多くはありません。じっと心の中にしまっておくことが多いからです。しかし、患者さんが「こんな状態だったら死んでしまいたい。」と言った場合、それが純粋なスピリチュアルペインから発せられた言葉かどうかは分かりません。例えばある患者さんは「がんの痛みは人格を破壊する。」とおっしゃいました。また、抑うつ状態がひどくなって「死にたい。」とおっしゃる方もいます。つまり、スピリチュアルペインは単純ではなく、身体的苦痛、精神的苦痛、社会的苦痛と重なっている場合が多いのです。そのような場合は、まずそれらの苦痛をできる限り緩和することが第一です。そういった苦痛がある程度落ち着いても残される根源的な苦痛がスピリチュアルペインでしょう。

3.患者さんに「こんな状態なら死んだ方がましだ。」と言われたら、どのように答えたらいいのですか?

 あなたは目の前にいる患者さんからこの様に言われたらどうしますか。恐らく最初の気持ちは「どきっ」とすると思います。そして、何と答えたら良いか分からず、そのまま沈黙の時間が流れるのもいたたまれないので、(笑いながら)「何言ってんのよ。そんなこと考えてたらかえって体に良くないよ。もっと楽しいこと考えましょ。」などと答えてしまうかもしれませんね。

 誰でもこのような深刻なことをいきなり言われたら、返答に困ってしまい、その場しのぎのことを言ってしまいがちです。しかし、ちょっと考えてみましょう。患者さんがこの様な深刻なことを言うのは特別なことですし、そのようなことを誰にでも言う訳ではないということです。つまり、心の内の深い部分をさらけ出すことができたのは、患者さんがあなたを信頼しているからです。まずそういった言いにくいことを私に言ってくれたことに感謝しましょう。そして、そのメッセージをちゃんと受け止めましたよ、というお返事をしたいものです。

 「そう、死にたいと思うくらいつらいことがあるのね?」「そうなんだ。そんなにつらいんだ。」と、頑張って答えてみましょう。でも、場合によっては言葉に詰まってしまい、答えられなくても結構です。どのような言葉も、この深刻な告白に対しては無意味に思えることもあります。そのような場合には、黙って患者さんの手を握っているあるいはそっと肩をなでているだけでも十分です。患者さんが最も求めていることは、信頼しているあなたにそのつらさを聞いてほしい、分かってほしい、そこにいてほしいという事だからです。あなたがそこにいて患者さんの苦痛に寄り添おうとしていることが一番大切なことだと思います。

 近代ホスピスの生みの親であるシシリー・ソンダース先生はスピリチュアルケア(スピリチュアルペインに対するケア)について次の様に言っています。
 「答えにくい質問をいくつも抱えた患者と家族のそばに、何も答えられないままとどまっている人々は、そばにいることによって患者と家族が求めているスピリチュアルな救いを提供している自分に気づくことになろう。」   
               (D.C.Saunders Living with Dyingより)

院長 前野 宏

コメント5件

  • みみあか | 2015.01.25 21:13

    今回、学生が終末期の患者を受け持ち、スピリチュアルペインという言葉を初めて知りました。いつもは高校生なので、お目にかかることがありませんでした。
    勉強がしたいなと考え中です。現実は我が子に振り回されてますが

  • 小野寺真 | 2015.09.09 0:53

    末期のがんなどの、話してはないてすが。
    私は性同一性障害の当事者です。
    何か共通することがあったので
    色々勉強に、なりました

    私も性同一性障害の講演会を開かせて頂いていますが、
    思春期の自殺もあります

    死に対しての心の痛み

    心に寄り添うこと大切ですね。
    ありがとうございました

  • ひろぽん | 2016.08.25 23:50

    今夜のNHK番組で「医療と宗教 新たな試み」が放映されました。BSフジでは哲学外来の樋野医師、施設長の石飛医師の報告や問題提起等が報道され世相を感じました。多死社会により都会では火葬場待ち、安置所のホテル運営も。どうやって死ぬか、どのようにその時を迎えるか。臨床宗教師は今後、現場によってはチームの一員となり得る「職種」になるのでしょうか。むしろボランティアが望ましいのか、分かりませんが待たれているのは確かです。

  • ひろぽん | 2016.08.26 10:58

    受け入れてもらえ少し気持ちが軽くなった。宗教については最期はそういうことになるのかな、くらいの認識で科学で生死をとらえたい。今は「こんな状態で生きていたくない」状態ではないが、遠くないうちにやってくる。誰かにいてほしい。家族や友人ではなく、知らない人だけど専門教育を受けた援助者だったらうれしいかも。

    科学って格好つけじゃなくて・・・例えば
    死が訪れてバイタルサインはもうないのに「焼かれたら熱いだろうな」と勝手に自分の脳が想像してしまう。これは科学ではない。 

  • 上村建二朗 | 2016.08.26 21:47

    皆様のコメントも含め、興味深く拝読いたしました。実を申しますと、スピリチュアリティに関する論文を執筆中ですが、スピリチュアルペインについても論文で当然触れます。小生は、スピリチュアルペインの中核は、(人生に対する)無意味感ではないかと考えていた時期もありましたが、それでは必ずしも全てのスピリチュアルペインをカバーできません。例えば、障碍を持って生まれた人が両親にたいして「なぜ自分を産んだのか」という場合は、当人が感じているのは、無意味感というより「悲しみ」「怒り」でしょう。スピリチュアルペインの定義はそれほど簡単でない、と思います。この講座を通じてスピリチュアルペインについて学習させてください。皆様と情報交換等できれば幸甚です。

コメントを書く





コメント内容


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

〒003-0027
北海道札幌市白石区 本通5丁目北1-1
TEL:011-867-6770
FAX:011-867-6771
ソーシャルワーカーが
応じます。
お気軽にご相談ください。

最新コメント